■阿波しじら織
阿波しじら織とは
製造工程


長尾織布合名会社

〒779-3121
徳島県徳島市国府町和田189

tel.088-642-1228

fax.088-642-1229
mail.お問合せフォーム


◆藍染工場見学(無料)要予約
◆開館時間 9:00〜16:00
◆休館日  土日休館(※)

※店舗は土曜日も営業



阿波しじら織・藍染 阿波しじら織
製造工程

阿波しじら織とは
阿波しじら織  阿波の旧藩主蜂須賀公の時代には、一般庶民階級の者が絹布を用いることを堅く禁じていました。
 そこで庶民たちは、木綿織物で外見の美に様々な工夫をこらしたといいます。「阿波しじら織」は明治維新当時、阿波阿宅村の織女“海部ハナ”が雨に濡れそぼって縮んだ布に出来た凹凸をヒントに苦心研究の末考案したといいます。経糸(たていと)の張力差を利用して独自のシボを出すのが特徴です。
 昭和53年には、阿波藍を使った「阿波正藍しじら織」が国の伝統工芸品として通産大臣の指定を受けています。

阿波しじら織 阿波しじら織の魅力
 しじらの特長であるシボによる独特の風合いと美しさが魅力です。工夫して折られた布を75℃の熱湯をくぐらせ、乾燥することによって、鮮やかなシボが浮き上がります。シボの凹凸のおかげでさらりと肌触りがよく、軽くて涼しいのが特長です。綿素材であるため吸湿性にも富み、適暑衣料として最適です。

阿波しじら織商品案内
阿波しじら織 ゆかた等の着物はもちろん、最近ではネクタイ、シャツ、和装小物やインテリア製品など様々な製品を販売しています。しじら織りは藍だけでなく、全部で108色の糸を使い、200種類以上の柄の記事があります。
商品の一部を、インターネットよりご購入いただくことができます。

◆ご購入はこちらから

阿波しじら織商品一覧